お金(貨幣と紙幣)について

お金には貨幣、紙幣がある。貨幣には、1円、5円、10円、50円、100円、500円がある。

紙幣には、1000円、2000円、5000円、10000円がある。1円はアルミで1枚1グラム。

5円と50円は穴が開いている。10円には平等院鳳凰堂が描かれている。500円は一番大きい。

それぞれの貨幣には製造された年号(平成元年等)が描かれている。10円玉には外側がギザギザしたもの、通称ギザ十というものがある。

それらは、10円よりも高い価値で取引されることがある。また、5円や50円の穴がずれているものは、高額で取引されている。

紙幣には、それぞれ人物が描かれている。1000円札には野口英世、2000円札には紫式部と守礼門、5000円札には樋口一葉、10000円札には福沢諭吉が描かれている。

以前は、1000円札には夏目漱石が、5000円札には新渡戸稲造が描かれていたが、10000円札の福沢諭吉は変更されていない。

また、2000円札は使い道が微妙で、現在はほとんど流通していない。紙幣は偽造される可能性(偽札)があるため、それぞれに番号が振られており、透かし等の高度な技術がいくつも施されており、偽造されないような工夫がされている。

知っているとお得です。イオンカード審査に通過してカードを手に入れて下さい。毎月20日と30日に5%OFFになるなどの嬉しい特典が盛りだくさんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です