ワークライフバランスを大切にして働ける世の中へ

昨今の日本では残業に規制が入るようになったり、管理職に女性を登用しようという動きが出たり、都合に合わせてフレキシブルな勤務形態を認めたりと、働き方に変化が出てきています。それ自体は大変良いことだと思います。なぜなら今は日進月歩で日々急激な変化が起きている時代だからです。今がもし高度経済成長期のようにとにかく前を見据えて努力することによって発展することが約束されている時代なら、残業もいとわずがむしゃらに働くことも必要かもしれません。また、今がもしグローバル化が進んでおらず、外国の情報が入りづらいならば、島国である日本を客観的に捉えるのは難しいので、日本独自の方法で労働を続けていくのも仕方ないかもしれません。しかし、今はもうかつての時代とは違い、モノも情報も人も国境を越えてどんどん入ってくる時代です。日本の良いところはそのまま残しつつも、時代の変化に応じた働き方、暮らし方を模索していくべきだと私は考えます。そこで重要になるのが、やはりワークライフバランスだと思います。仕事によってあらゆることを犠牲にするのではなく、家族や恋人と過ごす時間、育児に捧げる時間、趣味に打ち込む時間、自分自身と向き合える時間などが確保された生き方が、これから先日本でももっと認められていくといいなと思います。カードローン 即日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です