ただ漠然と家計を管理していても貯金ができなかったり、いつもお金が足りないということになってしまうことも多いと思います。貯金をしっかりできて、お金が足りないという状況を作らないためにもやはりそれぞれに使える限度額というものを設定することで解決できます。私が実践しているのは月に一回、来月分の使用する予定のお金を引き出します。もちろん収入の範囲内での引き出しなので残りは確実に貯金となっています。そして使用予定のそれぞれ住宅費、食費、光熱費などなど必要な分をすべて分けて限度額を設定します。そしてその限度額内にそれぞれ収めるようにします。その設定限度額は無理があってもいけません。しっかりと管理すればできる範囲にしておくことがコツかもしれません。それらは月末には少しずつ余ってくるようにして、余った分は自由に使うようにします。そのお金でちょっと我慢したものを購入するのもいいですし、半分貯金、半分は予定がなくても贅沢に使ってもストレス発散も出来ます。また、特に無理に使うこともないと思えばそれを全額貯金にすれば貯金額がさらに増えます。たとえすべてが限度額で使ってしまっても結果的には使いすぎているわけではなく、収入範囲内なので少しでも貯金できている状態ということなっています。お金借りる