TOYOTA自動運転を20年に販売可能に

今もこうしている内に日本のどこかで交通事故が起こっております。昔のピーク時に比べて警察の取り締まりの甲斐もあり事故数は少なくなってきてはいるもののやはりまだまだ毎日の様に交通事故のニュースを目にします。人間はどうしても間違いを起こしてしまう生き物です。簡単な足し算でさえ1000個問題をすればそれを全問正解できる人の割合は一体何%でしょうか。それ位人間という生き物は完璧には程遠い生き物です。その中で自動車の運転という物は間違いが起きてはいけないという項目にとても当てはまる動作だと思います。これは本当に危険な物体でどんなに凄い人であれ、どれだけ有能な人材であれ事故を起こしてしまえば、加害者も被害者も誰も幸せになれないのです。加害者は一生償いをしなければならないという現実と被害者はもしかしたら一生がそこで終わってしまう可能性があるのです。これは悲しいですが現実です。それくらい凄い強いエネルギーなのです。例えば体重60キロの男性が30メートルを思い切り走ってきて体当たりしてきたとしまう。それってどうですか?かなり痛いですし、下手したら大怪我しますよね?なのにその位の速度や重さのエネルギーは車ならアクセルをちょっと踏んだだけでその何倍も何十倍も強いエネルギーを出す事ができます。人一人の体を動かすのが走ってあれだけの筋力を必要とするのです。車のあのエネルギーを出すのに本来どの位の力が必要だと思いますか。テレビに出ている体の大きい格闘家の方々の体当たりでもまだまだ足りない位のエネルギーです。そんなものが平気で走り回っているのです。免許はお金を払えば誰でも取得できてしまうのです。そんな人達が多数運転をしている車道です。事故が起こらないはずがないのです。如何に警察が取り締まりを厳しくしようが、事故は起きてしまうのです。なのでそれを解決する方法として自動運転というのは本当にいい方法だと思います。電卓を思い浮かべてみてください。人間と機械とではもう正確性については次元が違います。速度に関しても次元が違います。悔しくて、悲しいですが人間は機械には勝てません。なので犠牲者を少しでも減らす為にも早急に自動運転を市場に回るように国を挙げて協力してほしいと考えます。年収200万円でもみずほ銀行カードローンの審査に通る方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です