捨てるまでに何回も使う

節約するうえで、無駄な物を買わないのは基本だと思いますが、その為に磨きたいスキルが「使いまわし」です。

古くなって使わなくなった衣類やシーツを色んな用途で使います。細かく切ってティッシュの代わりにしたり、雑巾代わりにしたり、古いタオルは使い捨ての布ナプキンに変身します。

この方法でティッシュや生理用品、床掃除のシートなどを買う回数が格段に減りました。また、古い布でこまめにトイレや水回りを拭くので専用洗剤がいらなくなりました。排水溝の髪の毛も古い布でつまんで捨てるだけなので掃除が楽です。環境にも優しいですし、かなりの節約になっていると思います。

それから私は手荒れ防止の為に、食器を洗う時には必ず使い捨ての手袋をするようにしているのですが、これも1回では捨てません。3回程使ってくたびれたなと思ったら、お風呂掃除の手袋に格下げになります。さらにお風呂掃除でくたびれたら、最終的にトイレ掃除用の手袋となり、トイレで1回使ったら捨てるシステムです。

日用品はかさばるし、買い物に行くのも大変なので、できるだけ物の数を減らしてスマートに暮らしたいなと思っています。日用品の節約で浮いた分を食費にまわしておいしい物を食べたいです。

即日キャッシング