アベノミクスは道半ば

アベノミクスは道半ばということで、道半ばにして成果が数字上では見えてきたのですが、私たち庶民の生活はどうだろう?民主党政権時代と今日で、生活水準が変わって良くなった、給与もボーナスも上がったという人は少なくとも私の周りには一人もいない。

政治の役割が経済への貢献だと自民党は豪語していますが、では経済とは誰のことでしょうか?と考えてしまいます。大企業・お金持ちのことの様に思えてなりません。トリクルダウンによって、富のおこぼれが未だ下の方に回っていない状況を「アベノミクスの道半ば」言いたいのでしょうが、そもそも富・お金が溢れ零れ落ちることが無いように、大企業が内部にお金を溜めている状況なのでは?政府の為替介入により円安に転じ、株価も上昇し比較的に大企業はアベノミクスの恩恵を受けています。それで終わりでは困るのです。

アベノミクスの成果で失業率が低下したと言いますが、低所得の非正規雇用労働者が増えただけです。中身は見ないで数字だけの評価なんでしょう。所得格差の広がりとは低所得者の増加を意味するものです。

トリクルダウンに期待せず、富の再分配を考えるべきだと思います。格差の広がりによりますますデフレ脱却も厳しくなるでしょう。庶民はデフレが大好きです。安く買えて、店には商品が溢れ、コスパを意識したり、質素倹約は庶民の美徳ですから。オリックス銀行カードローン 審査