私の節約・毎日金欠サバイバル生活

金欠になったときの乗り切り方は、用事がない限り外出しない。仮に外出しなくちゃいけない時は、携帯・Suica・家の鍵だけを持って外出をするようにしています。このことによって、余計なお金を使わなくて済みます。

日々の節約方法は、エアコンは夏場はエコ設定の28℃冬は20℃に設定しています。冬場は風邪を引きやすいので、もこもこの靴下の中にカイロを入れて、足を温めて生活しています。

生活費は、予めいくらまでと決めておき、それ以上は使わないように心がけています。

また、買い物に行く際は値引きされる時間に行ったり、チラシ商品の買いたいものだけを付箋に書いて行くことで、無駄遣いを防止することができます。

お肉や魚などは安い時にまとめ買いをして、小分けにして冷凍しています。このことにより、色々アレンジしながら使用することができるのでとても便利です。

光熱費などについては、電気はつけっぱなしにしないこと、使用しない家電はコンセントから抜く。ガスは元栓から閉める。調理の際、余熱調理を心掛けることにより、大分節約できると思います。水道代はやはりみなさんもやってると思いますが、残り湯は洗濯に回すことです。そのことにより節水にもなり、水道代も浮きます。

そんなことをやりながら私は金欠生活を送っています。みずほ銀行カードローン 審査

節約、節電、節水の毎日。やりくりはつらいよ。

 旦那さんには申し訳ないのですが、我が家の家計は正直言ってとても苦しい状況です。でも、小さい子がいるので私もなかなか働けません。親の協力も事情があって期待できません。

 というわけで、節約&やりくりをせざるをえない状況です。まず、電気の無駄遣いは厳禁。人のいないところの電気は絶対消しますし、夕方もぎりぎりまで電気をつけません。ガスの利用もなるべく短時間にして余熱を利用して調理します。保温調理器(シャトルシェフ)もカレーや豚汁など煮込み調理の時に大活躍します。節水おろぼも大切です。冬以外は基本シャワーですし、出しっぱなしも注意します。

おき

 あと、自分の服や靴等はまず買いません。靴も穴が開いたりぼろぼろになるまで使います。服も同じくです。リサイクルショップやフリーマーケットの服を買うこともあります。でも、基本は我慢です。

 食材は、もやし、とうふ、こんにゃく、油揚げ、厚揚げなどをよく使います。安いわりにかさが増えるので。旦那さんはたぶん私がとうふ好きなのだと思っていると思います。でも健康食材でもあるので積極的に食べてもらっています。クックパッドを見て料理のバリエーションを増やし、飽きないように工夫しています。

 買い物もまとめていきます(週2回くらい)。ガソリン代がもったいないので。それでもお金が足りないときは、リサイクルショップに色々売ります。貯金もくずしたり、ポイントを上手に使ったりもします。

 お金がないのは結構つらく大変ですが、なるべく前向きに楽しんで生活しようと努力しています。オリックス銀行カードローン審査